『北海道写真の前提』をめぐって

昨年12月17日に、札幌市立大の須之内元洋さん、九州産業大の大日方欣一さん、明治大の倉石信乃さんの協力を得て、「掛川源一郎写真委員会」の主催で、「北海道写真とアーカイヴ」と題された催しが行われました。

下記は、その時の案内チラシに寄稿した拙文です。若干の加筆の上、ここに掲載します。

 

「『北海道写真の前提』をめぐって」

写真批評家倉石信乃による「北海道写真の前提」(photographers’ gallery press no.8掲載)の冒頭部において、1871年以降、開拓使の委託により本格的にはじまった「北海道写真」は、1968年の「写真100年——日本人による写真表現の歴史展」編纂委員である、内藤正敏、多木浩二、中平卓馬らによって「発見」されることで、日本写真史上での存在が不可欠なものとなったと指摘されている。彼らによって、明治初期に田本研造をはじめとする写真家たちにより撮影された写真群が、イデオロギーに汚染されていないアノニマスなドキュメント=記録としての、「北海道写真」であると規定されたのだ。

同時に倉石は、明治初期に撮られた、アイヌ民族が被写体となった写真の多くは、「差別と非差別をめぐる非対称的なポリティクスの力を証言する」ものだとも述べる。被写体となった人物のポーズや構図は、明らかに支配と被支配の関係を表現しているのだ。同時に、「写真100年——日本人による写真表現の歴史展」における、それら、アイヌ表象への批判的省察の欠落も指摘している。

「写真100年——日本人による写真表現の歴史展」編纂委員による「北海道写真」の「発見」以前に(そして以後も)、掛川源一郎や前川茂利、あるいは長万部写真道場といった多くのアマチュア写真家たちによって、すなわち、北海道内に住む写真家によって、開拓農民の生活や、戦後開拓のありさま、高度成長期にはいっていく時代に生きる人びとの様子、そしてその地にともに住んでいたアイヌなどが撮られた。北海道人である写真家が、ある種の主体として、北海道とそこに住む人々を写真として可視化した。それらの写真群を、わたしたちは眼の前にしている。

田本らによる写真、掛川らによる写真等々、目の前にあるこれらの写真は、意識的に写真に関わろうとする者としてのわたしたちに、写真史的な幾つかの問いを投げかけるだろう。その一つは、果たしてわたしたちは、掛川らの写真行為を受けとめ、それを対象化し、幾分かでも継承しようとしただろうかという問いであると思われる。さらにそれら写真群はわたしたちに、(われわれの、なけなしの)想像力の向くべき先として倉石によって提示された、ここではない「よそ」に向かって、幾分かでも遡って近づき得ただろうかという内省を促しもする。

21世紀初頭に在るわたしたちが、積極的な意味で、つまり未来に向けて、「北海道写真」に対し関わろうとするのであれば、そして「北海道写真」に、新たな何がしかの一篇を付け加えたいと願うなら、それらの写真そのものや、それへの批評・行為などが形成してきた「北海道写真」史を読み直してみることは、必須の前提であるだろう。そしてそれは、それぞれの個別の場所で、個別の立場でなされなければならない。そこに、わたしたちが共有する困難があるのだと思われる。

 

2017年12月 露口啓二

 

富永紘光さん

下川町在住で、薪屋とみなが店主、富永紘光さんがスタジオに来てくれた。

ずいぶん時間が経ってからの報告ですが、『ウェブマガジンカイ』にライターの石田美恵さんの、素敵な文章とともに見てくださいhttp://kai-hokkaido.com/feature_vol35_shimokawa6/

 

富永紘光さんは以前、ムーンウォークを体験させてくれた人でもあります。そのときの感覚は、「すべての感覚の解放」とでも言うべきものでした。また味わいたいです。これもカイに掲載されています。http://kai-hokkaido.com/feature_vol35_shimokawa1/

 

 

 

前日には、名うての「森林生成工作者(私の造語)」である、陣内雄さん、足立成亮さんとの森林整備の作業に同行させてもらったのだが、

陣内さん

 

足立さん

 

彼らの作業は、50年を遥かに越え、100年、200年先の未来を見据えてなされている。彼らには、すでに数十年を経た大木や、これから育とうとする幼木たちの、100年、200年先の姿が見えているのだ。

 

 

 

 

今私たちの社会に跋扈している、自分たちにしか見えていない空虚で愚劣な理念を掲げ、あしたの株価と支持率のみに心を砕く政治家たちを見るにつけ、彼らの有り様は、圧倒的にうつくしく、ただしく思える。

羅臼のギャラリーミグラードと北方民族博物館

昨年から再開した「地名」の撮影の途中で羅臼に立ち寄りましたが、タイミングよく、ギャラリーミグラードがオープンしました。
以下、「ギャラリーミグラード内覧会「関勝則作品展」のお知らせ」からの引用です。
 「一般社団法人知床羅臼町観光協会では、本町通りと道の駅側の国道に面する元羅臼ユースホステルを改装し、羅臼の魅力を発信する新情報拠点としてギャラリーをオープンすることとなりました。
 ギャラリー名となるミグラードは、エスペラント語(世界共通語)で「渡り」。(注1)これまで羅臼で撮影されてきた写真は、いまや世界中の人々の目に触れ、北海道の貴重な生態系を伝える優れた媒体となっています。この素晴らしい羅臼の自然や動物たちに魅了された写真家、そしてその想いに共感した方が、国内外を問わず、まるで渡り鳥のように羅臼へ何度も訪れています。
 こういった動向を踏まえ、観光客向けの・天候に左右されない滞留場所の設置・本町、市街地の利用促進・長期滞在の促進・外国人旅行客への適切な情報提供を目的として、本ギャラリーを使用し、新しい観光振興のスタイルを発信していきます」
1

2

3

4
現在行なわれているのは、「羅臼の海の生き物たちを撮影し続ける羅臼町在住の水中カメラマン、関勝則氏の作品展」

以下、到着から夕暮れまでのわずかな時間に、羅臼在住のアーティスト中村絵美さんが案内してくれた羅臼の夕景です。斜里シリエトクノート中山芳子さんも同行
5
羅臼市街の真ん中を流れる羅臼川。後方は羅臼岳

8
観光船会社「ゴジラ岩観光」の小林社長が作ったペンション「ラウスクル」。多くの写真家の羅臼での宿泊所になっているそうです。小林社長は「観光協会の役員さんでもあり、ギャラリーの施工の強力な助っ人(中村絵美記)」。小林さんとは初対面でしたが、このあとの会食ですっかりごちそうになってしまいました。小林さん、ごちそうさまでした。実に美味しかったです。

9

11
ルサ川

12
ルサ川右岸、このあたりにアイヌのチャシ跡があるそうです。おそらく大量の鮭が遡上したものと思われます

13

14
ルサ川河口からすぐの場所に設けられた鮭の稚魚の放流場所

ついでに市街地で見かけた超レトロな「パチンコ 遊技場」を紹介します。
16

17

19

羅臼を訪れる度に感じることは、世界自然遺産に登録された手付かずの自然の場所としての「知床」ではなく、先住民の活動の場所であり、漁労従事者が、「自然」とともに生きて独自の漁労文化を形成した場所であり、開拓者が挑んできた場所でもあるという当たり前のことだ。生粋の漁師でもある小林さんと話していても、そのことを明瞭に感じます。

以前北海道マガジン「カイ」で、取材させてもらった知床国立公園区域内の羅臼町赤岩地区。詳しくは、「カイvol29」でご覧いただきたい。
19a

19b

19c
赤岩地区への観光ツアーの試みは、人と「自然」との関係を模索するための重要な実験です。継続を切に願います。

翌日斜里、網走で「地名」の撮影を行い、札幌への帰途についたが、網走まで来て、やはりここを素通りしては帰れない。
北海道立北方民族博物館です。
20

学芸主幹笹倉いる美さん(笹倉さんには最近の図録や報告書などをいただきました。笹倉さん、昨夜の小林さん、ありがとうございます)としばしの会話(保苅ミノルに関する新情報を入手、詳細はあらためて)の後、展示室へ。ここの展示は何度見ても見飽きません。
20A

20B

20C

21
サミの男性用衣装。かなり大柄な人だと思われる

22
ナーナイの花嫁衣装

23
北米北西インディアン トリンギ(ブランケット)とハイダ(帽子)

24

26
オホーツク文化人のみごとな造形作品

27

切りがないのでこれくらいで終わります。