羅臼のギャラリーミグラードと北方民族博物館

昨年から再開した「地名」の撮影の途中で羅臼に立ち寄りましたが、タイミングよく、ギャラリーミグラードがオープンしました。
以下、「ギャラリーミグラード内覧会「関勝則作品展」のお知らせ」からの引用です。
 「一般社団法人知床羅臼町観光協会では、本町通りと道の駅側の国道に面する元羅臼ユースホステルを改装し、羅臼の魅力を発信する新情報拠点としてギャラリーをオープンすることとなりました。
 ギャラリー名となるミグラードは、エスペラント語(世界共通語)で「渡り」。(注1)これまで羅臼で撮影されてきた写真は、いまや世界中の人々の目に触れ、北海道の貴重な生態系を伝える優れた媒体となっています。この素晴らしい羅臼の自然や動物たちに魅了された写真家、そしてその想いに共感した方が、国内外を問わず、まるで渡り鳥のように羅臼へ何度も訪れています。
 こういった動向を踏まえ、観光客向けの・天候に左右されない滞留場所の設置・本町、市街地の利用促進・長期滞在の促進・外国人旅行客への適切な情報提供を目的として、本ギャラリーを使用し、新しい観光振興のスタイルを発信していきます」
1

2

3

4
現在行なわれているのは、「羅臼の海の生き物たちを撮影し続ける羅臼町在住の水中カメラマン、関勝則氏の作品展」

以下、到着から夕暮れまでのわずかな時間に、羅臼在住のアーティスト中村絵美さんが案内してくれた羅臼の夕景です。斜里シリエトクノート中山芳子さんも同行
5
羅臼市街の真ん中を流れる羅臼川。後方は羅臼岳

8
観光船会社「ゴジラ岩観光」の小林社長が作ったペンション「ラウスクル」。多くの写真家の羅臼での宿泊所になっているそうです。小林社長は「観光協会の役員さんでもあり、ギャラリーの施工の強力な助っ人(中村絵美記)」。小林さんとは初対面でしたが、このあとの会食ですっかりごちそうになってしまいました。小林さん、ごちそうさまでした。実に美味しかったです。

9

11
ルサ川

12
ルサ川右岸、このあたりにアイヌのチャシ跡があるそうです。おそらく大量の鮭が遡上したものと思われます

13

14
ルサ川河口からすぐの場所に設けられた鮭の稚魚の放流場所

ついでに市街地で見かけた超レトロな「パチンコ 遊技場」を紹介します。
16

17

19

羅臼を訪れる度に感じることは、世界自然遺産に登録された手付かずの自然の場所としての「知床」ではなく、先住民の活動の場所であり、漁労従事者が、「自然」とともに生きて独自の漁労文化を形成した場所であり、開拓者が挑んできた場所でもあるという当たり前のことだ。生粋の漁師でもある小林さんと話していても、そのことを明瞭に感じます。

以前北海道マガジン「カイ」で、取材させてもらった知床国立公園区域内の羅臼町赤岩地区。詳しくは、「カイvol29」でご覧いただきたい。
19a

19b

19c
赤岩地区への観光ツアーの試みは、人と「自然」との関係を模索するための重要な実験です。継続を切に願います。

翌日斜里、網走で「地名」の撮影を行い、札幌への帰途についたが、網走まで来て、やはりここを素通りしては帰れない。
北海道立北方民族博物館です。
20

学芸主幹笹倉いる美さん(笹倉さんには最近の図録や報告書などをいただきました。笹倉さん、昨夜の小林さん、ありがとうございます)としばしの会話(保苅ミノルに関する新情報を入手、詳細はあらためて)の後、展示室へ。ここの展示は何度見ても見飽きません。
20A

20B

20C

21
サミの男性用衣装。かなり大柄な人だと思われる

22
ナーナイの花嫁衣装

23
北米北西インディアン トリンギ(ブランケット)とハイダ(帽子)

24

26
オホーツク文化人のみごとな造形作品

27

切りがないのでこれくらいで終わります。

粟島(善入寺島)

リンゴ、ブドウ、サクランボ、イチゴ、ブルーベリー、プラム、ナシ、プルーン。ざっと思いつくだけの仁木町で栽培されている果物です。以前、ドイツからオーストラリア(ニュージーランドだったか)に、農業を学びに行く途中に北海道に立ち寄った女子大生のヒッチハイカーを仁木町から小樽まで乗せたことがありましたが、彼女は、リンゴと露地物のトマトがひとつの場所で穫れることに驚いていました。
道外の、仁木町を知らない方にお教えしますが、余市川という清流の下流域で、なだらかな丘陵がほとんどを占め、ウイスキーの街余市町(マッサンというNHK朝ドラの舞台でもあります)の隣りに位置する仁木町とはそんな所です。

仁木竹吉というリーダーに率いられ、その地に入植した開拓団361名は、徳島県の吉野川市という地域からの移住者です。現在吉野川市と名乗っている地域はかつての郡名では、麻植(中世までは麻殖)と記して「おえ」と呼ばれていました。このブログでなんども紹介してきた阿波忌部の勢力圏はほぼこの地域に重なるようです。

その忌部が、粟を栽培したと伝えられるのが、入植者集団の出身地粟島(善入寺島)。吉野川の中州である善入寺島は、つねに洪水の脅威にさらされた地域で、そこの住民の集団が仁木町に入植したのだという。
仁木町史には次の記載があります。
「偶々明治七年郷里吉野川大洪水の為氾濫して流域の田畑流失し、一面石原と化するの惨状を呈し、農民の窮乏惨状に黙するに不忍、竹吉率先此羅災村民を救ひて今後の楽園を本道に需んとして、明治八年草創時代の本道に渡来して本道各地を抜渉する・・・・」

以下、現在の粟島(善入寺島)を紹介します。
1

2

3−2
絶滅危惧種Ⅱ類に指定されているナベズルが飛来していました。

3
吉野川北岸の切幡寺から南岸の藤井寺までの遍路道は、粟島を横断しています。

4

5
1915年にこの地域は強制移住させられますが、それ以前に信仰されていた浮島八幡宮という神社が存在していたようですが、これが跡地でしょうか。

6

7
洪水へのささやかな備えがこのようになされていますが、効果があるのでしょうか。竹薮の向こうは、吉野川本流です。

7-2
洪水はこのような窪地を残します。幼年期の私はこんな土地の隆起や窪みに異様に引かれました。その性癖はいまでも続いています。

8

9
対岸の川島城があったといわれる城山を望み、手前が吉野川本流

10
粟島から川島への沈下橋。遍路道でもあります。
11

12
城山から望む粟島

13

15
城山の光景。隣にコンクリート製の天守閣ができていますが、これは無視します

『湾生回家』というドキュメンタリー映画が、台湾で大ヒットしているそうです。
湾生とは、日本統治時代に台湾で生まれ、日本の敗戦によって日本に引き揚げた日本人をさす言葉、回家は、故郷の台湾に戻るという意味だそうです。
「帰国(この場合の国は日本のことですが)」を強いられ、高齢となり、台湾に戻りたいと望郷の念に駆られる人たちのドキュメンタリーが台湾でヒット(しかも大)しているということは実に興味深いです。
この映画を知ったのは、雑誌「世界」の2016 年1号に掲載された四方田犬彦さんの「日本映画の中の戦後七十年」という映画批評からです。
注意を引かれたのは、映画自体もそうですが、四方田氏の文章の、
「『湾生回家』で中心となるのは、二十世紀の初頭、徳島県吉野川流域から集団で花蓮近くの荒地に入植した農民たちの裔の男性である。彼らは入植地を吉野村と名付け、・・・」という部分。
もしかしたら、この湾生たちは、粟島(善入寺島)を退去させられた人たちではないかという連想が、ただちに浮かびました。粟島(善入寺島)は、1915年に強制退去させられていて、時代的、場所的には符合します。もしそれが事実だとしたら、北海道の仁木という場所と私の生まれた川島町という町、それと台湾の彼らの入植地とが、川の洪水という自然のもたらす事態によって結ばれることになります。もっともこのことは未だ確認はできていません。『川島町史』にも、善入寺島を退去させられた人たちの行方は、記されていません。なんとか資料を探したいものですが。

ところで、四方田さんの論考は、この映画だけでなく、映画の「戦後70年」をめぐる表象を、多義に渡って展開しているので是非一読を。

荷負のソーラッキー

昨年、縁があって平取の沙流川アート館で、写真展をやらせてもらった。小さいけど、とてもあたたかい展覧会でした。
そのときに出会った川奈野浩林(こうりん)さんは、学生時代に訪れた平取で萱野茂さん、現在のご主人である久雄さんのご両親、川奈野一信さん、元子さんご夫妻に出会い、大学院での研修の後、生のアイヌ文化の真っ只中に入り、楓栞(ふうか)ちゃん、祐仁(ゆうじん)くんを育てている女性。
1
浩林さんです
2
楓栞(ふうか)ちゃんと祐仁(ゆうじん)くん
_97A8719
料理を手伝う久雄さん
4

5
出来上がった料理
全種類ごちそうになりました。
3

浩林さん自身、在日中国人の三世でもある。凡庸を絵に描いたような、いわゆる「日本人」として四国の片田舎に生まれた私には、目もくらむような、羨ましい限りの、多元性だ。
昔、「日本は単一民族国家だ」などという、ありえない妄想を口にした政治家がいたが(いまもいるんでしょうが)、いまの日本には、錯綜するような多元性、多様性の自覚こそが、切実に求められていると思う。

後日、平取の荷負という地区にお住まいの一信さん、元子さんを訪ね、元子さんの制作したアットゥシを見せていただき
7

8

「ソーラッキー」という不思議な名で呼ばれていた水場と集落跡を案内していただいた。
8−2

10
以前ははるかに水量が多かったそうです。
11
黄色い花は福寿草

12
ソーラッキーの水を飲む川奈野一信さん カイ編集長の伊田と背後霊のようにいるのは、イラスト&ライターの矢島あづさです。

「ソーラッキー」の「ソー」は、おそらく滝に関係していると想像できますし、rat-ki—ぶら下が(ってい)る、という単語が知里真志保さんの辞典にはありますが、関係があるかどうか、門外漢の私にはまったく分かりません。

13

14

14
丘陵の上にあった荷負への旧道跡。

16
ここに30軒ほどの集落があったそうですが、いまは農家が一軒のみです。

18
集落跡には、オオウバユリが群生しています。
19
オオウバユリにはでんぷん質たっぷりの球根を持ち、アイヌには重要な植物で、それで作ったシトという団子の味わいの深さには驚嘆させられます。一信さんは、こともなげに作っといてあげようかとおっしゃっていましたが、是非お願いします。

浩林さんの友人で、横浜市立大の客員研究員吉本裕子さんが、近々に、荷負のとなりのペナコリという地区に、調査に入られるそうです。吉本さんは、長年にわたり博物館でのアイヌ展示に 関する研究を進めてこられました。平取で研究をすすめるうちに、一信さんたちが生まれ育ったペナコリや沙流川流域のコタンのくらしに興味を持ったそうで す。研究成果が出れば、地域博物館で展示されると聞いています。情報が入りましたら改めてお知らせします。

徳島神山町と遍路道

2015年12月27日、徳島県神山町へ。

神山町は、徳島市から四国山脈へ分け入ること、30kmほどに位置する山村で、
こんなところです。
IMG_4500

IMG_4501

IMG_4558

ここにNPO法人グリーンバレー・イン神山が本拠地を置き、神山アーティスト・イン・レジデンス(KAIR)によるアート制作の現場として、あるいはIT企業等が古民家を生かしたサテライトオフィスを設立するなど、実に魅力的な活動が繰り広げられている地域です。
あまりにも有名な「グリーンバレー・イン神山」については、こちらで。http://www.in-kamiyama.jp/gv/
翌日28日、神山にアレン・グリーンバーグアメリカ総領事が視察におとずれ、KAIRの招待作家の作品を見たり、IT企業の代表とテレビ会議を行なったりしたようです。

農村環境改善センターで、ここにサテライトオフィスを置く明治大学大学院理工学研究家建築学の教官と院生による民家実測+図書館計画の報告会に遭遇
IMG_4545

IMG_4542

IMG_4543

IMG_4548

IMG_4552

センターの敷地内に設置されていたアメリカ出身の美術家・建築家クウィン・ヴァンツーの作品 
IMG_4530

IMG_4533

ここは、改善センター近くにある「阿波の名工」松井佑夫さんのギャラリーと工房。魅力的な作品が並んでいて、魅力的な夫人が対応してくれました。
IMG_4507

IMG_4524

IMG_4511

IMG_4521

町を貫いて流れる鮎喰川に沿ったルートは四国巡礼の遍路道でもあります。
神山町西部の山中に位置する第十二番札所焼山寺から町の市街地に出て、鮎喰川を20kmほど下ると、右岸に大栗山花蔵院大日寺。
IMG_1619

そのしばらく先で、遍路路は、川から離れ北に向かい、常楽寺、国分寺と続く。
国分寺はその名のとおり、聖武天皇の勅命で創建された阿波国分寺。この辺りがいわば古代阿波国の首都(国府)ということになります。
IMG_4609

IMG_4604

寺院脇の流れは、鮎喰川から引かれているようで、どう見ても自然の川ではなく、水路です。古代の都市に引かれた用水路でしょうか。
IMG_4610

IMG_4612

神山に戻り、焼山寺を横目に見ながらの山路を通って吉野川市に出ることにします。
IMG_4566

IMG_4570

IMG_4571

IMG_4572

IMG_4578

かなりきわどい車道を抜けて
IMG_4586

IMG_4588
眼下に見えるのが現吉野川市。吉野川市一帯は、旧地名を麻植郡といい、またかとお思いでしょうが、ここで忌部が登場します。流れているのが吉野川。碁盤目状に見える耕作地が粟島です。忌部は拙シリーズ「自然史」の対象の一つでもあります。

遍路道は、対岸の切幡寺から川を渡って、粟島を横切り、さらに川を渡り、第十一番札所藤井寺に至り、そこから巡礼路中屈指の難所で知られる険しい山路を通って焼山寺に辿り着く。

切幡寺から焼山寺を経て、神山町を縦断し、国分寺にいたるルートをさっと見てきましたが、そこには、複雑な感情の動きを誘う何かがあるという気がします。いずれその「何か」に関わってみたいというのが目下の密かな企てです。

最後に、国分寺近くにある八倉比売(やくらひめ)神社を紹介します。
IMG_4712
本殿裏にこんな磐座があります。磐座は古くからのアニミズム、自然信仰の形象だそうで、それは興味深いのですが、これは卑弥呼の墓だとの主張もあるそうです。邪馬台国畿内説を揺さぶるようなインパクトは、申し訳ないですが?です。
IMG_4706

IMG_4703

落石の植生

落石岬は、根室市の南方、オホーツク海に属する根室湾の反対方向、北太平洋に斧の形で突き出田半島の尖端にあります。ここを案内してくれた美術家の中村絵美さんによれば、宗谷から知床までの北海道の沿岸に沿って南下する宗谷暖流と千島列島に沿って南下する親潮(これは寒流)の影響が岬周辺でぶつかり、不思議な植生を形成しています。しかも、岬一帯は、放牧場として人の手が入り、さらにそれが放置されることで、植生は一層複雑さを増しているようです。
北海道は、明治以降の開拓の歴史のなかで、先住民族とは異なった原理で自然に相対し、風景を大きく変貌させたわけですが、わずかながらも原風景(あるいは前風景と言うべきでしょうか)とでもいえる植生、景観を、部分的に残しています。
これから、中村さんの案内でその植生の変化を探訪します。

岬の中程で車を降り、まず、落石無線電信局跡に。
IMG_4315
落石無線電信局は、明治41年に開局した通信施設で、昭和4年には、ここからドイツの世界一周飛行船・ツェッペリン号と交信したそうです。
これが「落石無線電信局」
IMG_4320

このあたりは、かつて主に馬の放牧が行なわれていて、いまはクマザサに覆われています。
IMG_4356
これらの笹は、この地が泥炭地なので、充分に根を伸ばすことができず、自分が落とした葉によってやがて窒息し、枯れていきます(つまり、落ち葉が分解されないということですね)。

そのあとには谷地坊主が繁殖します。
IMG_4316

IMG_4321

谷地坊主のあとは茅、そして湿原の乾いた部分にアカエゾマツが成長します。
IMG_4322

IMG_4323

IMG_4325

IMG_4329

IMG_4360

わずかばかりのアカエゾマツの林を抜けると再び、谷地坊主と笹原。IMG_4338

親潮が流れる北太平洋
IMG_4348

IMG_4353
この親潮が、このあたりにツンドラ気候の南限の植生をつくります。
IMG_4344

IMG_4360

開拓される前の別海周辺の風景はこんなでしょうか。
IMG_4331

これが今の別海の典型的な風景です。
IMG_4310

IMG_4311

IMG_4312

沖に見える島は、昆布漁で人間とともに働いていた馬が、人が去った後も、野生化して生きているユルリ島です。
ここまで見てきて、いわゆる「自然」と「人為」の二項で分類できるものはほとんどないということが実感できます。
IMG_4361

このあたりは6月に行っても寒いです。これが6月の落石岬です。
_MG_3361

_MG_3360
高山植物のエゾコザクラ
_MG_3369
北海道の湿原ではおなじみの水芭蕉

ちょっと寒かったので、少し遠いですが、暖かいところに行きましょう。知床の向こう側、ウナベツ岳山麓にある、お馴染みのメーメーベーカリーです(実際に行ったのは翌日の11月21日で、前日までなかった雪が積もりました)。
ここは、今回の倉石信乃さんも含め、来た人はみんな好きになる、あったかで不思議な場所です。
IMG_4363

IMG_4365

IMG_4369

笹岡啓子――種差 NINOSHIMA (にのしま) 展

八戸市美術館において、
市民アートサポートICANOF第13回企画が行われています。《http://icanof.parallel.jp》
写真家笹岡啓子による「スチール・プロジェクション」と写真展、映像作家佐藤英和による「tanesashi/ninoshima 2015」が、重層的に展示されている会場は実に(ICANOFのサイトに掲載されている現代音楽家根本忍の論考が示唆するとおり)不穏な問いと危険に満ちていました。
2009年に刊行された『PARK CITY』以来、批評性に満ちた作品を取り続けてきた写真家の今回の展示においても、場所の関係性、唐突な繋がりなどが暗示されている。前出の根本さんは「継起的」という言葉で、その空間性を探る思考を展開しています。是非お読みください。

1

2

8月の22日と23日に行われたトークの参加者は、
モレキュラー演出家。美術展キュレーターの豊島重之氏
フランス文学・思想の鵜飼哲氏
写真史、近現代美術史の倉石信乃氏
音楽・文化批評の東琢磨氏
このメンバーに、作家の笹岡さん、佐藤さんを加えた二日間にわたるトークの、1日のみの拝聴でしたが、デリダの「動物性」をめぐってのトークは、鮮烈を極めました。東さんの音楽批評は、恥ずかしながら未見で、必ずや拝読します。

3

6

4

5

もう1日のトークを残し、断腸の思いで、東北の太平洋岸を南下。
9
今回はここまででした。近々い再訪予定です。
今回撮影の何枚かは、フレメンのサイトに反映します。

北海道インプログレス 三笠プロジェクトの図録が完成

3年簡に渡って制作が続けられ、昨年夏に完成した川俣正さんの「北海道インプログレス 三笠プロジェクト」の図録が出来上がりました。IMG_9428

IMG_9430

私は写真撮影でささやかにお手伝いしました。以下中身を紹介します。

IMG_9435

IMG_9437

IMG_9438

美術家川俣正の制作過程を間近に見られるということはもちろん第一ですが、アート作品の制作と地域社会との関わりを見ることが、私の興味の大きな要素でした。

IMG_9457

IMG_9442

IMG_9443

三笠ふれんずのサポート、コールマイン研究所の菊地拓児さんや学生の皆さんは、夏だけでなく厳寒の冬の作業などもこなし、その献身的な姿には感動を覚えました。

以下、川俣さんのドローイング

IMG_9444

IMG_9446

IMG_9447

IMG_9448

IMG_9449

IMG_9450

IMG_9458

IMG_9459

サイト・スペシフェィックなアート作品と場所との関わりへの探求はこれからも継続していくのでしょうが、どうも川俣さんはその次の道筋を考えているようです。

図録の入手もまだ可能です。http://hokkaidoinprogress.jimdo.com/001-北海道インプログレス/

福島報告2

これまでの取材は、東電第一原発の事故に伴う周辺の地域に起こった事態を、BoundaryとExteriorとして撮影してきました。
12日の南博物館訪問を皮切りに始まった今回の福島取材は若干の違いを意識しています。今回は4年前の大震災で、範囲を拡げ、それぞれの地域に生じた事態へとシフトしています。
昨年からの取材でサポートを引き受けていただき、常に行動を共にしてくれた若き映像作家岩崎孝正さんは、相馬市磯部の妙楽寺を生家とし、東北芸術工芸大大学院で映像制作を学ぶ院生であり、3.11以後に自らや友人たち、育った地域が蒙った事態を映像で捉えようとしています。
ご尊父が住職を努める妙楽寺は平坦な海岸沿いの丘陵に位置し、かろうじて津波から逃れています。ですが、目の前に広がる平野部の集落はほとんど消滅し、丘陵沿いに民家が残るのみです。

妙楽寺からの眺め
1

2
このすぐ下の民家は津波の被害を被り、そこに遺体が漂着したそうです。中央左にぽつんとあるのは慰霊碑

すぐそばの海岸で出るとこんな風景です。
4

5

磯部を海沿いに南下するとこんな風景が続きます。
6

7
ここは妙楽寺裏の住居跡

8

9

10

11

12

南相馬市鹿島区に入るとすぐに慰霊碑が目に入ります。
13

この場所で、避難してきた人たちが津波にのまれたそうです。津波の大きさは人々の想像をはるかに越えていたのです。
15

16

17
ここまではゲートボールや釣りに興じる人も見えたが、ここをしばらく南下すると居住制限区域に入ります。

翌日、キュレーターの四方幸子さんと合流し浪江町に

浪江町の海岸部に今も残る請戸小学校
1

2

3
外に出るとプールが
4

6

7

8
静かに水をたたえるプールの先には、津波で消滅した地域が広がる。ここも昨年よりはるかに瓦礫や打ち上げられた船、流され破損した車両などが片付けられています。

帰還困難区域内の6号線の光景
9

10

11

12
昨年7月まで通行できなかった国道6号線が通行のみ認められるようになった。いったい何が変わったのだろうか。

国道6号線で東電第一原発の南側に位置する富岡町に入る。
昨年まで残っていた富岡駅が片付けられ、慰霊碑のみが残されています。
13

14

15
慰霊碑の背後の黒い俵は除染作業で発生した廃棄物、おびただしい量の廃棄物が延々と並べられています。

富岡駅前の商店街の様子
16

17

坂の上から駅の方角を見た光景。背後に積み上げられた黒いものは除染廃棄物です。
18

帰ってきた妙楽寺からの夕景と、別の日に見た霧のなかの磯部
20

19

相馬市磯部から富岡町まで、直線距離で50kmほどの移動でしかないが、そのわずかな距離のあいだに、複雑な空間が現れる。写真はこの異質な空間の連なりにどう対処できるだろうか。

福島取材報告1

先日、12日に南相馬博物館に学芸員の稲葉修さんをお尋ねし、話を伺いながら入り口のコーナーの展示を拝見した。

2

3
著作権上お見せ出来ないが、その中に3.11当日の津波の写真があった。
かつての井田川浦を飲み尽くす津波の写真を見ると、私のように外から訪れた人間も、4年前のあの日の出来事の記憶がよみがえり、あらためて慄然とさせられる。
しかし、当の南相馬の人たちは、どうだろうか。それはおそらく、消え去ることのない痛みという現在の確認であり、現状への怒り、未来への懐疑なのではないか。

残念ながら見ることは出来ませんでしたが、6月7日まで当館でおこなわれていた展示「ふくしまに生きる爬虫・両生類」を紹介します。その副題は「身近な生き物から、未来の南相馬・福島を考える」です。札幌に戻り、いただいたパンフレットを拝見して、大きな希望を感じました。
6

館制作のパンフレットによれば、爬虫類、両生類を主に、福島の従来の生物と、震災以降の変化が丹念に述べられている。
7

8

9

「蛇の年始始め」、「カメへの信仰」といった興味深い民俗や、サンショウウオ漁という素晴らしい食文化も合わせて紹介されています。
12

14

14

15

最後に『ふくしまのヘビ・カエルたちの今』と題された「震災」と「原発事故」という災厄を経た生き物の状況と、『身近な生き物から、未来の南相馬・福島を考える』と題された、未来への重要な提言を紹介し、今回の南相馬博物館報告を終えます。
16

17

18

19

長万部瀉眞道場

アーティスト中村絵美さんが、もちろんご遺族の承諾の上で、長万部から新しい赴任地羅臼に運んだ大量の写真、「長万部瀉眞道場」を見る機会を得た。
ほとんどの写真は、このように「長万部瀉眞道場」と記された台紙に貼られている。

IMG_0340

IMG_0341

IMG_0345

IMG_0343

IMG_0344

IMG_0346

IMG_0347

これはほんの一部に過ぎないが、一見してこれらの写真の重要性を感じさせられた。
これらの写真を見ると「多文化主義」って一体なんだろうと思わざるを得ない。また、「アイヌ民族などいない」などというイデオロギーに満ちた発言への明確な反論にもなりうる。
同時にまた、私たちは写真の見方への再考を迫られもする。

IMG_0349

共和町の写真家前川茂利は西村計雄記念美術館で、同館の磯崎亜矢子学芸員が中心となり展示計画が進んでいる。
彼らの関係、写真の同質性と差異なども気になるところです。

IMG_0348

中村さんの羅臼での新しい住居のこの部屋には、近いうちに「長万部瀉眞道場」写真研究所が開設されるもようです。

IMG_0350

IMG_03512015年 06月 8日



TSUYUGUCHI KEIJI/露口啓二